現在の閲覧者数:
電脳紀行 ドラゴンコレクション
電脳紀行
アニメや漫画の情報など萌えるニュースを中心に管理人が興味を惹かれたニュースなどを紹介してます。
Headline
アンテナサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近のゲームの売れ筋・人気商品
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソーシャルゲーム「ドラゴンコレクション」ってどんなゲーム?

1 :名前は開発中のものです:2011/09/11(日) 18:19:20.41 ID:cbWlcDTF
「コナミ」といえば、ゲームに詳しくない人でも名前くらいは聞いたことがあるのでは? というほどの大手ゲームメーカー。
このコナミが先日平成24年3月期第一四半期の業績を発表しましたが、
それによるとソーシャルゲームの売上が家庭用ゲームの売上を抜いたそうです。

家庭用77億円に対してソーシャルが78億と、一見わずかな差に見えますが、これはゲーム業界の歴史としては
小さくも大きな意味のある一歩。その原動力となったのが、コナミが提供するソーシャルゲーム『ドラゴンコレクション』です。

昨年9月からGREEで展開しているこのゲーム、その後1年でなんと400万人を超えるユーザーを獲得しています。
家庭用ゲームで300万売れるソフトは『ポケモン』や『ドラクエ』『モンハン』などごく一部。そう考えるとスゴさがわかろうというもの。

でもこの『ドラコレ』、どういったゲームなんでしょうか?

『ドラゴンコレクション』の流れは、「クエスト」と呼ばれる冒険を進めることでモンスターカードをゲットし、
より優位に戦うためにカードを合成したり売却したり、友人と交換することでカードカードのレベルを上げていくというものです。



カードには「ノーマル」「ノーマル+」「レア」「スーパーレア」などのランクがあり、カードのレア度によって成長の上限が異なってきます。
ノーマルカードをせっせと育てても上限があるため、どうやってもレアカードには勝てません。

そこで、レアカードをゲットできる確率の高い「ガチャ」にお金を投入する...というのが、売上の根っこでしょうか。
何ともうまくできています。

もともとは携帯電話のみでのサービスでしたが、今年の6月にAndroidに対応したのを皮切りに、現在ではiPhoneでのプレイも可能。
携帯で遊んでいたユーザーがスマフォに機種変した場合でもデータは引き継げるため、
これまでより大きな画面とタッチプレイで操作感は向上しています。

http://www.kotaku.jp/2011/09/gree_dragon_colection.html





最近のゲームの売れ筋・人気商品
スポンサーサイト
[ 2011/09/12 18:46 ] ゲーム速報 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
↓管理人のオススメ↓
リボルテック ダンボー・ミニ Amazon.co.jpボックスバージョン

記者兼デスク

Author:記者兼デスク
このサイトについて

相互リンク&RSS募集中
メールフォームにてご連絡ください

記事に問題がある場合はメールフォームにてご連絡ください。

売れ筋 フィギュア
売れ筋 ゲーム
売れ筋 ライトノベル
売れ筋 PCゲーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。